先日、引っ越し祝いに旦那さんの友人からモンステラを頂いた。この時期には中々見つからない120㎝程度の観葉植物が欲しかったため、旦那さんがホームセンターに勤めている友人に聞いたのがきっかけであった。

数週間後、「立派な物が手に入ったからプレゼントをするよ。」との連絡があり、引き取りに行った。想像以上に大きく180㎝以上もあるモンステラが、彼の家の玄関の外に立っていた。

一枚一枚の葉もかなり成長しているため、自立できなくなった茎は垂れ下がり、根は伸び切り植木鉢から飛び出していて、恐怖さえ感じるものであった。旦那さんもしばらく無言でモンステラを見上げていたから同じように感じていたのだろう。

確かに大きい観葉植物が欲しいと言ったが、ここまで大きいものを用意してくれているとは思いもしなかった。友人にお礼を言い、モンステラを車に入れようにも勿論立てて車に乗せることはできず、横に倒して家へ持って帰った。私の手には負えないが、せっかくの頂き物なので知り合いの花屋にお手入れ方法を確認したが、今の時期は何もしない方が良いとのこと。

とりあえずは倒れないようにワイヤーで括っているが、日々元気が無くなっていくように感じる。
現在、モンステラは家の中でかなりの存在感となり、いつの間にか「お化けモンステラ」と命名され、なんとか冬を凌いでいる。